どこに幸あり

ハワイから帰って参りました
お久しぶりです ピアノのリュータです

ハワイ3日目、大会の打ち上げは120名のダンサーさん達と大いに盛り上がりました
皆様、お疲れ様でした&有り難う
keiki aloha
写真はMix部門で準優勝をとった素晴らしきケイキちゃん達と

ハワイ4日目、一足先にアキさんは帰国したのでオイラとジョンでトロリーに乗って観光客気分
ワイキキ最高(笑)
トロリー
ジョンはアラモアナ・ショッピング・センターで買い物
オイラはアロハタワー・マーケット・プレイスにある『Chai's』というライヴ・レストランへ「Jerry Santos」さんというハワイアン・ミュージシャンを観に なんとサポートにはオイラ達のレパートリー『La'ieikawai』でリスペクトする「Hoku Zuttermeister」さんがベースで参加 そしてたくさんのうたも披露してくれました
画像-0074
ファルセットやばすぎ 鳥肌立ちまくり バー・カウンターで酔いしれました 
Na LeiのCDも渡せ、ライヴが終わる頃には「リューロン」、「ホックン」と呼び合う仲に(嘘)
にしてもハワイのミュージシャンの層は厚い そしてエンターテイナーとしても素晴らしい人が多い
この日もJerryさんがエルヴィス・プレスリーの「Can't Help Falling In Love(好きにならずにいられない)」をメドレーにして「ここに幸あり」を綺麗な日本語で歌っていました もちろんアメリカ人のお客さんと日本人のお客さんを喜ばせる為に しかもホクさんもファルセットでちゃんと日本語で「嵐も吹け~ば~♪」ってコーラスするし

昔はそんなん聴くと「何媚びを売ってんだか…、ケッ」と歪んだ性格をさらにねじ曲げていましたが、最近は自分が楽しみ、お客さんを楽しませ、喜んでもらえるまでの努力の大変さを痛感したり、1回のステージで何か一つでも想い出に残る曲が出来れば、と思うようになりやした んなわけで非常に参考になったライヴに 色んなネタをメモってたりしてた変な客
「Chai's」、いつか出たいなぁ グランド・ピアノあるし

作られた街かもしれないけれど生まれ育った東京と似た猥雑さのあるWaikikiをオイラは大好きです
 ワイキキのマジックが恋しいぜ

ほなまた
Profile

ナーレイ

Author:ナーレイ
「Nā Lei」とは、ハワイ語でたくさんのレイという意味。
木梨あき(vocal,guitar,ukulele)、
山本隆太(piano,bass,guitar,ukulele,vocal)、
鈴木建吾(guitar,ukulele,vocal)
からなるハワイアンミュージックバンド。
2006年結成。
ライヴ活動の他にフラショウやコンペティションでの演奏など、日本全国から本場ハワイまで幅広く活動を行なう。
ハワイアンミュージックのレパートリーは700曲を超える。
2007年 
「ジャパン・カウアイ・モキハナ・フェスティヴァル」にてバンド賞を受賞。
2008年 
1st Album『He Lei Makana』をリリース。
2009年 
赤坂BLITZにてワンマンライヴ。
2010年 
ハワイ島メリーモナークフェスティバルに出演。
2011年 
2nd Album『My Sweet Lei』をリリース。
2012年 
『My Sweet Lei』がハワイのグラミー賞といわれる「Na Hoku Hanohano Awards International Album of the Year」にノミネート。
2015年
2月 新メンバー 鈴木建吾を迎える。
9月 待望の3rd Album『Pākolu』発売。

出演依頼は
nalei.waiian@gmail.comまで。

最近の記事
Category
Counter
Links