スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解析。

1260295143-Image006.jpg
俺達を熱烈に応援してくれるナーレイヘッズの一人に とある高名な心理学博士がいる。

彼は偶然、俺達の音楽に触れ、空間の広がり、癒し、懐かしさ… 今までに感じたことがない、なんとも言えない感覚に苛まれたという。

それを受けて 科学者でもある彼は 自分のラボに俺達ナーレイのCDを持ち込み、科学的な解析を試みたそうだ。

そして とある興味深い結果を得ることになる。

ナーレイのCDを初めて聞く すべての被験者の脳波に、通常では考えられないような変化が現れたそうだ。 さらに前頭葉、そして側頭葉、ひいては海馬にいたるまで被験者の脳内を示すサーモグラフィーに激しい反応が見られ 俗に言う、α波が出つづけたという。

その実験を担当した音の解析を専門にする科学者によれば、この癒しの周波数を発する例は日本人には極めて珍しいもので、これまでの彼の解析経験では、かの、故美空ひばりさん、吉田美和さん、宇多田ヒカルちゃんの持つ声の周波数だけが、それに近い数値であったという。

さらに驚くべきことに、ナーレイのサウンドに至っては、そのいずれもの上をいく数値で、彼自身が是非とも生のデータを取ってみたい!と思えるものだった。という事だ。

事の真意はまた別として、科学的な解析でそんな結果が出るなんて、日本を代表する歌い手さんたちとデータの上とはいえ 肩を並べることができるなんて…

もしかして 俺達すげーのか?

がははは いえいえ 全くまだまだです。

そんなわけで、未だ俺達を知らない、日本中のみんな、世界中のみんなに、ナーレイのワイアンを届けるために、これからも みんなの力を少しだけ貸してください。

俺達、まだまだ、もっともっと頑張るかんねっ!

Profile

ナーレイ

Author:ナーレイ
「Nā Lei」とは、ハワイ語でたくさんのレイという意味。
木梨あき(vocal,guitar,ukulele)、
山本隆太(piano,bass,guitar,ukulele,vocal)、
鈴木建吾(guitar,ukulele,vocal)
からなるハワイアンミュージックバンド。
2006年結成。
ライヴ活動の他にフラショウやコンペティションでの演奏など、日本全国から本場ハワイまで幅広く活動を行なう。
ハワイアンミュージックのレパートリーは700曲を超える。
2007年 
「ジャパン・カウアイ・モキハナ・フェスティヴァル」にてバンド賞を受賞。
2008年 
1st Album『He Lei Makana』をリリース。
2009年 
赤坂BLITZにてワンマンライヴ。
2010年 
ハワイ島メリーモナークフェスティバルに出演。
2011年 
2nd Album『My Sweet Lei』をリリース。
2012年 
『My Sweet Lei』がハワイのグラミー賞といわれる「Na Hoku Hanohano Awards International Album of the Year」にノミネート。
2015年
2月 新メンバー 鈴木建吾を迎える。
9月 待望の3rd Album『Pākolu』発売。

出演依頼は
nalei.waiian@gmail.comまで。

最近の記事
Category
Counter
Links
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。